新潟県知事選挙 池田ちかこ候補が告示日第一声

 前知事辞職に伴う新潟県知事選挙は5月24日告示され、民進党県連や連合新潟、国民民主党、立憲民主党などが推薦する池田ちかこ候補(57)は新潟駅万代口前で第一声を行った。支持者ら約300人が見守る中、池田候補は「原発も、経済も、雇用も、新潟のことは新潟で決める」と力強く訴えた。
 連合新潟の牧野茂夫会長は、「連合新潟の組織内候補(自治労)であり、県内初の女性知事の誕生を」と述べ、選対本部長の菊田真紀子、黒岩宇洋両衆院議員らが支援を求めた。
 第一声には、民進党県連職務代行の大渕健、高倉栄、小島晋、藤田博史各県議、小柳聡新潟市議らが応援に駆け付けた。
 選挙戦は自民、公明両党が推薦する候補(60)との事実上の一騎打ちで、与野党対決の構図。投票日は6月10日。