党のあり方について、全党員アンケートを実施へ


 民進党県連は1月27日、県連事務所で常任幹事会を開き、今後の党のあり方について、全党員アンケートを実施することを決めた。
 2月4日に開催される党本部定期大会直後に千人弱の党員へ郵送し、返信してもらう。2月下旬に集計し、回答結果を参考にしながら、県連としてできるだけまとまって対応していきたいとしている。
 設問は、国会での統一会派と新しい党をめざす場合について、立憲民主党、希望の党などとの合流を挙げ、選択してもらう。大渕健代表職務代行は、「新潟県連所属の国会議員が離党し、ゼロになったが、党員の皆さんの思いを率直にお聞きし、県連として参考にしたい」と述べた。