今年度最後の新潟未来政経塾を開催


 民進党県連主催の新潟未来政経塾は1月21日、新潟市内で2017年度(第1期)最後の講義を開催した。
 同政経塾は、昨年9月に開塾し、衆議院選挙を挟んで専門分野の著名な外部講師などを招き今回で5回目。この日は、日本総研の藻谷浩介主任研究員が「日本の地方の状況と新潟の活性化」と題して講演し、データを示しながら本県の現状と課題を指摘した。
 講義終了後には修了式を行い、実行委員長の大渕健代表職務代行が塾生ひとり一人に修了証書を手交した。