「共謀罪」法案強行採決に抗議! 集会で加藤新潟市議が阻止訴え

 「共謀罪」法案を自民、公明、維新が衆議院法務委員会で強行採決した5月19日、市民団体などが主催した集会で、民進党県連常任幹事の加藤大弥新潟市議が「採決撤回と徹底抗戦」を訴えた。
 午後6時過ぎから新潟駅南広場で開かれた集会には、約400人か参加。マイクを握った加藤市議は、「委員会審議に出席していない委員外の者に『審議時間は十分』と言わせ、到底認める訳にはいかない」と、3党による数の暴挙を厳しく批判した。続けて、「共謀罪法案は、審議すればするほど、一般市民が対象になってくる。共謀罪がテロ対策にならないという問題点が審議すればするほど明らかになる」と市民を監視する「共謀罪」阻止を訴えた。