ニュース

国民民主党への移行を前提に調整へ


 民進党県連は6月30日、県知事選挙後初めて開いた常任幹事会で、国民民進党への移行について協議し、国民民主党の移行を前提に調整していくことを決めた。県知事選挙での混乱を避けるため、判断を先送りしていた。県連が行った党員・サポーター約6,200人に実施した意向調査で、約95%が離党・退会することが報告された。この結果から国民民主党県連を新たに設立した上で、民進党県連は解散すべきとの意見の一方で、存続政党であり国民民進党へ移行すべきとの意見が出た。このため、大渕代表職務代行が双方の代表者と調整し、早急に結論を出すことで合意した。
 常任幹事会では、「野党連携などに課題を残した」などとした県知事選挙総括を了承した。


活動状況

新潟県知事選挙 池田候補一歩及ばず

 前知事の辞職に伴う新潟県知事選挙は6月10日投開票が行われ、民進党県連、国民民主党などが推薦した池田ちかこ候補は激しく追い上げたものの自民… [続きを読む]

池田ちかこ候補、新潟駅前で最後の訴え

 知事選最終日の6月9日、池田ちかこ候補は新潟市内をくまなく街頭演説し、夜、新潟駅万代口前で最後の訴えを行った。 [続きを読む]


民主党ニュース